強迫性障害に対する認知行動療法研修

曝露反応妨害法を中心に、強迫性障害について学びます。治療理念の伝え方、曝露療法の進め方、困難事例への対応方法など、臨床家視点でお伝えいたします。

強迫性障害に精通した治療者、支援者が少ないことがわが国の課題です。曝露反応妨害法について知っていも、どの程度やればいいのか、治療が進展しているかの判断がつかず、不安に感じられる方も多いと思います。治療が比較的難しい、心的儀式、ASDとの合併についても触れたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました